観光レンタカー

補償制度について

■補償制度について

◎レンタカーの補償制度について

当社の車両には、下記の金額を限度として保険その他の制度による補償が付いています。

但し、補償額を超えたもの、免責金額及び保険約款の免責事項に該当する事故、賃渡約款に違反する事故及び使用、警察の事故証明が取得できない場合の損害はすべてお客様のご負担となります。

また、レンタル中の車両盗難によって生じた損害については、車両補償の適用外とし、お客様のご負担となる場合があります。


◎レンタル料に含まれる補償制度

対 人 1名限度額  無制限
対 物 1事故限度額  1,000万円 (免責額5万円)
車 両 1事故限度額  時価(免責額:アルミパン・マイクロバス・架装車10万円・
2t以上のトラック・ダブルキャブ7万円・その他の車両5万円)
搭乗者障害 死 亡  2,000万円(1名につき)
入 院 7,500円(1日につき) ※事故発生日から180日を限度とします。
通 院 5,000円(1日につき)



ノンオペレーションチャージ(NOC)



レンタカー使用中の事故により、車両損害が発生した場合には、損害の程度や修理期間に
かかわらず、営業補償の一部として下記のノンオペレーションチャージを申し受けます。

 ●予定の営業所にレンタカーを返還した場合(自走可能な場合)…2万円

 ●予定の営業所にレンタカーを返還できなかった場合(自走不可能な場合)…5万円

 注:ノンオペレーションチャージは、免責補償制度にご加入の場合でもご負担いただきます。
 注:車両の移動に伴うレッカー代はお客様のご負担となります。